思い出話-3 ハロウィンのお菓子が大好きな理由

ハロウィンと不気味なこうもり

子供の頃私は英語教室に通ってました。
 当時は今ほどハロウィンという行事が定着して無かったのですが私の通う英語教室ではご近所さんや生徒の家庭に協力して貰いハロウィンの行事を楽しんでました。
 「トリックオアトリート!!」と言って思い思いの仮装をしてハロウィンを楽しんでました。
 当時中学生になってた私は仮装が少し恥ずかしかったけど毎年参加してました。
 それには理由があったのです。
 たいがいの家ではスーパーで購入したお菓子をくれたり小分けにして可愛くラッピングしてくれるお家もありました。
 先生のお友達というご近所の初老のおばあさんのお家に行くのが私は毎年楽しみでした。
 そのおばあさんが毎年用意してくれるのは海外から取り寄せたような可愛いお菓子ばかりだったのです。
 凄く可愛くて当時まだ輸入菓子が定着して無かった時代だったので私はそのお菓子がキラキラの宝物のように見えました。
 毎年参加していた理由はこの素敵で可愛いお菓子があったからです。
 今は沢山の可愛いお菓子がハロウィンの時期には売られています。
 そして私はその可愛いお菓子をプレゼントする大人になったのです。

ハロウィンのお菓子が大好きな理由エントリー一覧